逆境を乗り越える名言をスピーチのネタに使う例

年齢の加算は誰もに平等だが、○○の加算は、その人しだい。
 
○○に入るどんな言葉を、あなたは思い浮かべたでしょうか。知識、教養、財産、それとも愛情?
 
いろいろと考えられますが、総じて「成長」と言えそうです。
 
加齢は必至。
成長は任意。
 
そのように言われて、「なるほど。うまいこと言うね!今度、使ってみよう」とメモに残す人もいるかもしれません。
 
一方で、この言葉に触れたとき、
 
「誰もが平等に年を取るが、成長するかどうかは人による、か。う~ん。考えさせられるな。」
 
「自分は、重ねた年に恥じない成長ができているのだろうか…」
 
といった思考が生まれ、現状の改善点および対処法へ行動が方向づけられる場合には、ふと心に響いた言葉が「思考の種」となり、行動・習慣・人生に変化を及ぼしたと言えます。
 
そのプロセスを経験した人が、
 
「加齢は必至でも、成長は任意。人生の時間を自己成長のために有効活用したいですね」
 
といった話をすると、言葉の深み・重みが変わってきます。
 
単に「知っている」だけの段階で口から出る言葉は深みを帯びることはありませんから、名言を引用して話す機会があるときには、
 
「自分だったら…」と、自身の体験に照らし合わせて思考を巡らせる習慣がとても大切だな、と思っています。
 
以下、一例として、トーマス・カーライル氏(19世紀イギリスを代表する歴史家・評論家)の有名な名言:
 
“No pressure, no diamonds.”
(ダイヤモンドは圧力がなければ生まれない)
 
を用いて話す短いスピーチ例です。
 

逆境の名言を使ったスピーチ例

 
ストレスは過剰になると有害ですが、≪ダイヤモンドは圧力がなければ生まれない≫といわれるように、適度なストレスは成長のために欠かせない要素です。
 
つまり、成長を遂げるには、適度なストレスを受けながら上手く扱う工夫が不可欠。たとえば、今の自分にとって少しハードルが高いと感じつつも、「思い切って行動してみよう」と思うときには、
 
「新しい挑戦って、おもしろい」
 
「できることが増えるって素敵だな」
 
といったポジティブな言葉を使うことで、空気が前向きに変わるのが感じられます。
 
成功を招く呼び水になると実感しているので、人にも勧めたい習慣です。
 

関連キーワード
ブログの関連記事
  • 先生に感謝を伝える言葉!おもしろい・喜ばれるメッセージ例文集
    先生に感謝を伝える言葉!おもしろい・喜ばれるメッセージ例文集
  • 感謝の気持ちを表す言葉のメッセージ例文
    ありがとうの気持ちを言葉で伝えたい♪素敵な感謝のメッセージ例文集
  • 逆境を乗り越える名言をスピーチのネタに使う例
    名言をスピーチのネタに|逆境の名言と時間を無駄にしない教訓を使う例
  • 行動を先延ばしするマインドブロック解消・完璧主義を打破する言葉
おすすめの記事