自己肯定感が低い・行動できず停滞。自信を高める言葉で解消

仕事でも感染症対策が欠かせない時代、オンライン化など、新しい作業に注力している人も多いですよね!
 
状況の変化に直面したとき、「前向きに進んで成功する人・現状に停滞する人」の差異として際立つのは、内面で自分に語りかけている言葉:セルフトークの違い。
 
その特徴をつかみ、十分な自己肯定感をもって前へ進みましょう♪
 

自己肯定感が低い・行動できず停滞。自信を高める言葉で解消!

 

状況が変わっても前向きに成功する人の言葉の習慣

 
状況が変化するタイミングには、対応すべき新しい試みも増えるもの。たとえば仕事のオンライン化なら、ブログ・動画・オンラインで販売できる商品…
 
などなど、いろいろな作業があるなか、新しいことや現状の自分からみて少し難しく思える課題に直面したとき、
 
「うわっ。想像以上にめんどうかも」
 
と、停滞しそうになることも。そんなとき、
 
「やればできる!」 と、前向きに進んで成功をつかむ人には共通する特徴があって、それは
 
心のなかで呟かれているセルフトーク(自己会話)に目を向けるとわかります。
 
たとえば、
 
やったことないチャレンジングな行動の場面で、成功体質の人の内面には、
 
「新しい挑戦って、おもしろい。できることが増えるって素敵だな」
 
といった言葉があります。
 

変化のとき停滞しがちな人の行動特性

 
一方で、思うように上手くいかないとき停滞しがちな人は、「自分よりも、さらにうまくいっていない人を探す」という行動特性がみられる傾向が。
 
それは、困難な状況を克服して自分の可能性を伸ばすことよりも、自分はできないと思いたくない・プライドを守りたい・その場で自分を安心させたい、といった思いが強いというサインなのですね。
 
成長・成功する人の、困難なチャレンジ場面を楽むマインドとの対比が明らかに見えます。
 

自己肯定感を高める言葉・セルフトークの例

 
では、いらないプライドに邪魔されず、成長・成功したい!と思ったとき、すすめられる行動は?というと、
 
うまくいかない場面で「失敗」と思わず、「まだ」と考えること。
 
「まだ、先がある。伸びしろがある」
「まだ、試すことができる選択肢は無数にある」
 
といった考え方・思い方を選ぶことで、うまくいかなかったパターンとは違う、新しい行動が見える視野が広がります。
 
前述のように、成功型のマインドセットの人は難しい課題に対して
 
「新しい挑戦って、おもしろい。できることが増えるって素敵だな」
 
といった言葉を発する行動特性が。
 
このような言葉や行動の習慣をお手本にすることで、
 
-自己肯定感が低い
-行動できず停滞しがち
 
といった状況を打破していけるはず。
 

自己肯定感を高める言葉・おわりに

 
自分の能力が成長していく可能性を、どれくらい信じているか。
 
それが、明暗を分ける大きな要因になるため、
 
「自分はできる」
 
という信念を強化するセルフトークの習慣を続けていきたいですね!
 

関連キーワード
願望実現の関連記事
  • 自己肯定感が低いと成長や幸福のチャンスに抵抗する理由と対処法
    自己肯定感が低いと成長や幸福のチャンスに抵抗する理由と対処法
  • 低い自己肯定感を変える言葉の習慣!変わりたいのに行動できないを卒業
    低い自己肯定感を変える言葉の習慣!変わりたいのに行動できないを卒業
  • 自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
    自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
  • 自己肯定感を高める方法・自己認識力など感情的な知性を磨こう 有益な言葉の習慣
    自己肯定感を高める方法!自己認識力など感情的な知性を磨く習慣と言葉
おすすめの記事