自分を否定する思い癖を改善したいとき・自己肯定感を高める言葉の習慣

自分は十分ではない・だいじょうぶじゃない、という自己否定感・不足感が常にあって苦しい。自信がもてないので、人との関係も仕事も今一つ上手くいかない。
 
そのような心境を抱え続けるのは辛いですよね! すぐ取り組める対処法を見ていきましょう。
 

自分を否定する思い癖を改善したいときの対処法

 
自分を認められず、信頼できない状態では、自分のすることや行動の結果にも自信が持てません。
 
では、どうすれば良いのか。ご一緒に、対策をみていきましょう。
 

自己肯定感を高める言葉の習慣

 
上手くいく流れへシフトするには、
 
「私は、だいじょうぶ」
 
だと信じることを、毎日選ぶ必要があります。
 
どんな自分でありたいのか、自分が決める・宣言する・信じる。すると、それに沿った証拠が集まり始める。
 
人生の物語は、そのように機能します。
 
だから、「私は、だいじょうぶ」だと感じられる人生を選ぶと決めることが第一歩。
 
まずは、次の言葉を宣言します。

「私は、じゅうぶんです」
※自分=だいじょうぶ という宣言は、誰の基準でもなく、自分が良いと信じる基準で生きるという宣言

 

自分を否定する思い癖を改善するための気づき

 
毎日のいろいろな出来事のなかで、やっぱり自分はダメだと苦しくなることは時々あるものですが、
 
どうすれば「大丈夫」に戻れるのか、方法ははっきりしています。
 
嫌だな、と感じる感情を抱いたとき、それを「喜び」のほうへ変えるために大切なのは「気づくこと」
 
つまり、自分が抱いている感情に気づき、自分は今、その感情を経験しているのだな、と認める。
 
感情は、自分が「どんな信念を持っているのか」「どんな観念を信じているのか」
 
それを自分に気づかせてくれる働きをするものです。
 
なので、ポジティブ・ネガティブに関わらず感情が大きく動いたときには、すぐ反応するかわりに観察する練習が有益です。
 
その感情が自分のなかに生まれて存在するのは、どういう意味や理由があるのかな、と。
 

心に引っかかる感情の存在に気づき、その内容を把握することで、あなたにとって本当は何が嫌で、かわりに何を望むのかが見えてくる。

 

自己肯定感を高める言葉の習慣・おわりに

 
自己否定の感情が大きくなるときは苦しくて、もう、この世界から消えてしまいたいくらい。
 
それでも、その感情に巻き込まれるのではなく、それを感じている自分の状態に気づく。そうすると、次の瞬間には、
 
今、嫌だと感じていて、じゃあ、どうしたいの?
 
と、「嫌だ・不快だ」から「喜び」のほうへ思考がシフトし始めます。
 

問題とは、その存在に気づいたら解決のほうへ動きだすことが可能になるもの

 
自分を、もっと肯定できるようになりたい。
 
それなら、そのように選ぶ・そう決めて、「宣言」する。
 
私は、勇気と決意をもって自己否定に圧倒される心の癖を克服します。
 
毎日それを繰り返していると、それが信念になって、現実に自分を肯定する証拠が集まってくる。本当に、そうなる。
 
だから、今は意識を集中して、このプロセスを続けましょう
( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡
 

関連キーワード
ストレスケアの関連記事
  • 低い自己肯定感を改善!起床後30分の言葉の習慣
    低い自己肯定感を改善したいとき・起床後30分以内の言葉の習慣
  • 低い自己肯定感対策・疲れる人間関係ストレスを招く思考の癖の改善法
    低い自己肯定感対策・疲れる人間関係ストレスを招く思考の癖の改善法
  • 自己否定感でモヤモヤするとき自己肯定感を高める考え方と言葉
    自己否定感でモヤモヤするとき自己肯定感を高める考え方と言葉
  • 美人やイケメンなのに低い自己肯定感の原因となる思い癖
    美人やイケメン、高学歴。褒められるのに自己肯定感が低い思考の癖とは
おすすめの記事