アファメーションの主語が二人称や三人称のほうが有効な例

アファメーションは、なりたい自分像を肯定的な言葉で繰り返し確認することで、望むイメージに近づく自己実現法です。
 
アファメーションの基本的なやり方として、「私は~です」と、一人称の主語を使うことが広く知られていますが、ユーアファメーション(あなたは・二人称)を使う取り組み方も。その例について紹介します。
 

アファメーションの主語が二人称や三人称のほうが有効な例

 
それでは、主語を変えることで期待される変化について見ていきましょう。
 

火事場の馬鹿力が必要なときのユーアファメーション

 
集中力と行動が求められる場面で、「私はできる」といった一人称アファメーションと、「あなたはできる」といった二人称アファメーションでは、どちらが効果的か比較したところ、
 
「あなたは~」という二人称のユーアファメーションのほうがパフォーマンスの向上が認められた
 
このような検証データが出ているということ。
 
そのため、自分を高揚させて実力以上を引き出したいような勝負の場などでは、客観性をもたせた「あなたは~」という表現を使うのが効果的だというのです。
 
ふだんの日常生活のなかでは「私は~」のアイアムアファメーションに慣れている人も、
 
「ここぞ!」
 
と、やる気を出して臨むチャレンジのシーンでは「あなたは~」のアファメーションを使ってみると、成功の可能性が高まるかもしれませんね。
 

偉人の力を借りるユーアファメーション

 
「名言活用術」として、苫米地英人博士が提唱されている方法です。
 
偉人の言葉(名言)を「ユーアファメーション」として活用することで、「なりたい自分」への変化を加速するもの。
 
まるで、歴史に名を残す偉人たちが、パーソナルコーチの役割を果たしてくれるような感覚なのですね。
 
たとえば、著名なフランスの哲学者:パスカルの「無知を恐れるなかれ、偽りの知識を恐れよ」という名言では、
 
「あなたは謙虚な姿勢で知識を吸収する人だ」
 
というユーアファメーションの例文が。
 
ポイントは、偉業を成し遂げた成功者たちの言葉に触れ、五感を使って脳を刺激し、臨場感を高める

ちっぽけな現状の範囲内から飛び出す思考が可能になってくる
 
こちらは個人的に大好きなアプローチで、実践から効果を体感しているので、大変おすすめです♪
 

自己否定をやめたいときの三人称自己暗示(外在化)

 
小さい子に手洗いや歯磨きの重要性を教えるとき、役に立つのが「バイキンマン」などのキャラクター。バイキンマンのイメージのおかげで、不潔にしていると健康に悪影響なことが目に見えてわかりやすくなります。
 
自己否定的で破壊的な言葉が自分のなかで止まらないとき、過度な自分責めによるマイナス作用が大きい時は、バイキンマンを洗い流して清潔を取り戻すのと同様のイメージで、
 
自己否定感に名前を付けることが効果的です。
 
有名なのは、「グレムリン」など、ユーモアを感じられる妖怪やおばけの名前を使う例。
 
ずっと心の重荷だった自己否定感情も、ユーモラスなおばけの姿で「バイバイ」と自分から去ってもらうようにします。
 

アファメーションの主語が一人称、二人称、三人称の例・まとめ

 
なりたい自分像を肯定的な言葉で繰り返し自分に宣言し、その実現を導くアファメーション。
 
一般的な「私は~」から始める取り組み方では、「私=自分」が向かうべき方向を、潜在意識へ明確に刻みますが、「あなたは~」という二人称や、あるいは三人称を主語にする実践法も。
 
二人称を使う「ユーアファメーション」では、
 
-実力以上の力を引き出したい場面で「あなたは~」と客観性をもたせて唱えると効果的
 
三人称を使うと良い例としては、
 
-自己否定的なセルフトーク(自己会話)を書き換えるには、ユーモラスな妖怪の名前などを用いて、自分と距離を置くイメージワークが有効
 
状況に合わせて上手に活用したいですね!
 

関連キーワード
願望実現の関連記事
  • 自己肯定感が低いと成長や幸福のチャンスに抵抗する理由と対処法
    自己肯定感が低いと成長や幸福のチャンスに抵抗する理由と対処法
  • 低い自己肯定感を変える言葉の習慣!変わりたいのに行動できないを卒業
    低い自己肯定感を変える言葉の習慣!変わりたいのに行動できないを卒業
  • 自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
    自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
  • 自己肯定感を高める方法・自己認識力など感情的な知性を磨こう 有益な言葉の習慣
    自己肯定感を高める方法!自己認識力など感情的な知性を磨く習慣と言葉
おすすめの記事