私たちが人生でじゅうぶんに受け取ることができるのは、「自分がそれに値する」と信じられるものだけです。
 
コトバアシスト,自己肯定感,アファメーション,セルフトーク
 
不意に想定以上の良いものを受け取ってしまったときは無意識のなかで
 
「自分にはふさわしくないのに」と否定的なセルフトーク・抵抗が生まれ、
 
その喜びを享受できないまま、いったんは受け取った良いものを短期のうちに失ってしまうケースが実際に多くあります。
 

どんどん幸運体質になる言葉の習慣

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

幸運に見える人は、「良いもの」を

 

自分はどんどん受け取るに値する

 

と、信じる心を持ち続けている人

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 
そのような心の状態:「自分は無限の幸運に値する」といったマインドセットへ整えるために、
 
批判的なセルフトークを肯定的で愛情深いものへ書き換える言葉の習慣は大変有益です。
 

自己肯定感が低くネガティブに考え過ぎて疲れるときの対処法
低い自己肯定感が原因?ネガティブに考え過ぎて疲れるときの対処法
2020.10.16
もっと、楽に考えられたらいいのに!取り越し苦労で悪いほうに心配し過ぎてしまうときは、本当に疲れますよね。 ネガティブな思い癖は、自分も他の人も信頼できない気持ちを増大させ、人間関係の苦労や自己肯定感の低下を招くことに。 解消のヒント・役立つ対処法を見ていきましょう。 自己肯定感が低くネガティブ...…
自己肯定感を高める方法・自己認識力など感情的な知性を磨こう 有益な言葉の習慣
自己肯定感を高める方法!自己認識力など感情的な知性を磨く習慣と言葉
2020.10.14
自己肯定感を高めたい!それなら、今のあなたが「どのような思いから、自分を十分に肯定できずにいるのか」把握することが必要。 そのために重要な感情的知性についての話題です。 自己肯定感を高めるために自己認識力など感情的な知性を磨こう 自己認識とは、自分の感情に気づいて識別し、さまざまな状況で感情が...…
過去の嫌な記憶で行動できないとき必見!自己肯定感を高める言葉
過去の嫌な記憶で行動できないとき必見!自己肯定感を高める言葉
2020.10.9
自分の過去に対して、嫌な記憶や後悔は全くゼロなんていう人は、なかなかいないはず。 とはいえ、過去の後悔に縛られ過ぎると、将来の可能性を低く見積もってしまうため、新しい挑戦に対して行動できなくなりがちです。 過去に対する捉え方を見直すことで、自己肯定感と行動力を高めましょう。 過去に囚われて行動...…
低い自己肯定感で人の表情が気になり過ぎて疲れる時の対処法
自己肯定感低いせい?人の表情が気になり過ぎて疲れる時の対処法
2020.10.8
どうしても周りの反応が気になってしまうときは、「どう思われてるか」自分の中で不安がどんどん膨らんでしまうもの。 相手の顔色が気になってグッタリ消耗してしまう状況の対処法について、お伝えします。 自己肯定感対策・人の表情が気になり過ぎて疲れる時 たとえば、挨拶したのに、上司の機嫌が悪そうだったな...…
自己肯定感が低く考え過ぎて眠れないときの対処法
自己肯定感低いせい?考え過ぎて眠れない・疲れるときの対処法
2020.10.11
ぐったり疲れて眠りたいのに、どうにも眠れそうにない… 翌日のことを思うと焦るし、辛いですよね! 自己肯定感が低いことが引き起こす悩みは、睡眠の質にも影響。 眠りたいのに眠れない辛さが長引かないためのヒントをお伝えします。 自己肯定感が低く考え過ぎて眠れないときの対処法 自分を肯定できない心境...…
アファメーションの主語が二人称や三人称のほうが有効な例
アファメーションの主語が「私は・一人称」より二人称や三人称が有効な例
2020.10.9
アファメーションは、なりたい自分像を肯定的な言葉で繰り返し確認することで、望むイメージに近づく自己実現法です。 アファメーションの基本的なやり方として、「私は~です」と、一人称の主語を使うことが広く知られていますが、ユーアファメーション(あなたは・二人称)を使う取り組み方も。その例について紹介しま...…
自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
自己肯定感を高める方法!前向きな言葉:アファメーションの習慣
2020.10.18
じゅうぶん高い自己肯定感を持てないことのデメリット。それは、人生で「良いもの」を受け取るチャンスがきても、「自分にはふさわしくない」と自己否定による抵抗が生まれ、 目の前にある喜びを享受できにくいことです。 人生の幸せを、自分はどんどん受け取るに値する♪ という心の状態へ整えるために効果的なアファ...…

自己肯定的な言葉の習慣が招く好転

 
肯定的な言葉の習慣:アファメーションを試しても、最初はポジティブ過ぎる言葉に「居心地が悪い」とギブアップしたくなるかもしれません。
 
それでも、「そう在れたら最高」と心ひかれる言葉だったら、粘り強く触れ続けてみてください。
 
「自分は、そうではない」という古い信念は、「私は、そうである」と自分へ語りかける言葉に馴染むほどスッと消えていきます。
 
すると、「そう在れたら最高」の実現に必要な情報に気づきやすくなり、着実な好転を感じることが増えます。
 
今までの自分の側からではなく、望む自分のイメージ側から好ましい言葉で語り始めましょう…!